鍵穴の劣化や不具合は鍵開けのプロに任せよう!

鍵穴と鍵

やってはいけない鍵穴の対処法

鍵穴の手入れでやってはいけない対処法がいくつかあります。そのいくつかを鍵開け業者に聞いたので、紹介します。鍵穴の状態悪化を防ぐための参考にしましょう。

開錠できない鍵穴に対して

抜けないので強引に引き抜いても大丈夫ですか?
鍵の調子がおかしいと感じながら使い続けていると、鍵が回りにくくなることがありますよね。無理に回したり引き抜いたりしようとしますと鍵が折れてしまうでしょう。鍵穴や鍵の状態を見て、メンテナンスや鍵交換を行なう必要があるため、業者に是非ご相談下さい。鍵の劣化だけであれば、鍵穴には問題がないので、鍵の複製だけで済みます。
鍵穴にあるゴミを自分で取っても大丈夫ですか?
鍵穴にいたずらされて、鍵が刺さらないというケースは少なくありません。ピンセットや爪楊枝などを使いご自身で取り除こうとすると、鍵穴の奥にゴミを押し込んでしまい状態を悪化させてしまいます。また、鍵を差し込みやすくするために食用油などを入れる方もいらっしゃるでしょう。鍵穴は想像以上にデリケートなので、困ったときは鍵開けのプロにお任せ下さい。
潤滑剤を使用して鍵穴のすべりをよくしてもいいですか?
市販の潤滑油であっても鍵穴内部を劣化させてしまう恐れがあります。これは油分、シリコン、アルコールなどが鍵穴内部のゴミを固めたり、鍵のタイプによっては故障を招いたりする可能性があるからです。鍵開け業者では、鍵穴に負荷を掛けないケアを行なっておりますので、しっかりと改善できます。

これらの対処法を自分で行なうと、鍵開けができず鍵交換をしないといけなくなることもあるため気をつけましょう。