古くなった鍵穴は鍵開けを行なっている業者に見てもらおう

鍵穴と鍵

鍵が回らないのは鍵穴のせい?

鍵が回らないのは鍵穴のせいだけではありません。毎日開け閉めを行なうところですから、その分劣化も早いです。鍵が擦り減って、鍵穴内部のシリンダーがうまく噛み合わなくなることもあります。周辺環境によっても劣化の進み具合は異なりますが、およそ10~15年が鍵の寿命だと言われています。この時期になると鍵穴内部の劣化に加えて鍵自体も折れやすくなっているため、うまく回らないと感じる場合は早めに原因を調査してもらいましょう。

鍵穴が壊れてしまう原因を知る

業者

鍵穴が劣化する原因は次のようなことが関係しています。1つではないので、組み合わさると劣化も早まるでしょう。不具合があれば、鍵開けを行なっている業者に依頼して鍵穴の状態を改善しなければなりません。

鍵屋が教える壊れる原因は

作成した合鍵が原因の可能性も(鍵屋/男性)

新しく作成した鍵が回らないというトラブルが中にはあります。これは、複製に使った鍵がマスターキーの形からかなり離れているためです。スペアキーからスペアキーを作ってしまうと、複製を繰り返す内に徐々に形のズレが大きくなっていってしまいます。鍵を複製する場合は、なるべくマスターキーを持っていくか鍵穴自体を取り替えた方が良いでしょう。

雨が降った時は鍵にダメージを与えてしまう(鍵屋/男性)

雨が降ると鍵穴の調子が悪くなることがあります。悪くなる初期段階の状態として、鍵を最後まで差し込めない、鍵を抜こうとすると鍵穴内部に引っ掛かる、鍵を回そうとすると重たくて綺麗に回らないなどです。これらを放置すると、鍵を差したら抜けない、鍵が回らない、鍵が曲がったり折れたりするといったことが発生します。


これらが原因で、鍵の寿命は短くなり鍵開けが難しくなるので注意しましょう。トラブルが起こる前にいくつか予兆を確認できるので、しっかりケアすることが大事です。